スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネ庁からお返事。


最近順位が少し上がり気味で少しうれしいのでぜひ、ポチッとして~
先日、問い合わせた質問につきお返事がきました。

以下質問ーーーー
ご担当者様

下記報道に出ている買取時期、設置時期へということに関してですが、
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141001-OYT1T50000.html
連携時期が電力会社の逆潮流等の工事により遅れている案件についてもそれが適応されるのでしょうか。
イメージ図では、過去の認定が変更されるようにあります。


1 設備認定、電力への申込で買い取り価格が決定するとしていたものを覆すのでしょうか。
その時の決め事に従い事業計画を建てていたのですが、崩壊してしまいます。
予定購入した土地の費用は、補償がなされるのでしょうか。

2 資金も土地も用意していたのに、当方の理由でなく設置できないものにまで適用されては、困ります。

方針や政策の変更は、時代とともに必要と思われますが、遡って決定を覆すことは許されません。

全量買取制度とは、名ばかりで東電では、力率90%連携を強制されるなど発電事業者にも我慢の限界があると思います。

以下回答-------

【ご質問】
10月1日付け読売新聞に「再エネ制度見直しへ 買取価格 事業開始時に適用」の記事について

(回答)
記事のきっかけとなった9月30日の新エネルギー小委員会賦課金負担の規模や認定の増加等の現状制度の課題について、委員から指摘がなされたが、電気の買取価格の決定時期を「事業開始時」に改めることを含め、その具体的な方向性は、現時点では決まっていません。
いずれにせよ、今後、再生可能エネルギー電気を最大限に導入するための制度の見直しは行っていくが、具体的な方向性は今後検討することとなります。


以上----

まあ、覆すならそちらもそれなりの覚悟が必要という意思表示として送りました。
どうせまだ決まってはいないだろうから、こんな回答だろうと思っていたとおりの回答。
きっと同じ質問が多く、テンプレート的な物があったのかな?



最近順位が少し上がり気味で少しうれしいのでぜひ、ポチッとして~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

蒼空さんこんばんは。
エネ庁の回答も現状はこんなもんなんでしょうね。
どうなるのか早く決着つけてほしいもんですね。
ただ事業者に撮って圧倒的に不利な条件でというのはナシにしてほしいところですが・・・。
余談ですが、当ブログと相互リンクお願いできませんか?

No title

私は忘れていたのですが、昨年3月末に50Kwの低圧の設備認定の申し込みをして、4月14日に設備認定が通ったものがあったので年度内連係頑張ろうかなと思っていますが、今10月なので、かなり厳しい気がします。

そうなると32円でもなく、28円とか30円になってしまう気がするので、確かに蒼空さんの心境は理解できます。

28円になるなら、高くても年内連係の36円の分譲の方がましかもしれない。

Re: No title

ミドルさん

もうこれ以上不利益な改定はこりごりです。
なんとかしていきましょう。

相互リンク是非よろしくお願いします。

Re: No title

europeanbluesky さん

今年度単価の取得は、書類認定が通ればOKと言っておいてそれを後から変えるというのは、許されるべきではないと思っています。
私も28年連携案件があるのでそうされてしまうと価値のない土地になってしまうので、絶対に容認できないです。
プロフィール

蒼空

Author:蒼空
群馬在住
サラリーマン
独身
山登りに目覚めたおいしい物好き
早期リタイアして世界を旅する夢の実現を!
経済的自由を手に入れるための奮闘記!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
スポンサー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。